ブックメーカーが発表する大相撲の優勝オッズ

力士

ブックメーカーの数は限られてきますが、日本の大相撲に賭けられるブックメーカーがあります。

大相撲ファンでブックメーカーの賭けながら大相撲を観戦すると今までよりもさらに、オズもが楽しくなります。場所前には優勝予想のオッズがブックメーカーから発表されるので、オッズを参考に賭けるのもいいでしょう。

ブックメーカーでは過去の勝敗成績等のデーターがとても大切なので、コアな大相撲ファンも楽しく予想することができるでしょう。

大相撲ファンでブックメーカーを知らない方へ

土俵

ブックメーカーは、イギリスの競馬場で18世紀に行われていた賭けの請負をルーツとしているサービスで、オッズを提示して予想を募り的中者に配当金を支払うという内容です。運営するには政府発行のライセンスが必要になり、イギリスのマン島やオランダのキュラーソーが代表的です。

信用度が高いので、利用しているユーザー数はヨーロッパだけでも1,000,000人を超えており、さらにインターネットが普及して以降は世界にも広められています。日本からの賭けるユーザーも増加しており、日本に対応したサービスを提供しているサイトも増加中です。

大相撲は日本では人気がありますが、海外の知名度は低く、大相撲があるブックメーカーは限られているのが現状です。

ここでは、大相撲のブックメーカーを扱っているブックメーカーや大相撲の賭け方を解説していきます。

日本では公営以外の競技にお金を賭けることは禁止されているので、国内の業者が運営しているブックメーカーを利用した場合は処罰の対象となります。

しかし、海外のブックメーカーに対してインターネットで利用する場合は、現在のところは摘発されることはほとんどありません。

理由は、外国の業者に国内法を適用することは出来ないので、利用者だけに一方的に責任を負わすことも出来ないからです。

つまり、大相撲などのスポーツにベットする場合は、海外のブックメーカーが断然オススメできるということです。

大相撲ファンとしての知識を生かして、勝敗予想や優勝予想を楽しみましょう。

力士

外国人ファンがブックメーカーで大相撲に賭けている

外国人力士の活躍、スポーツの国際化などにより、大相撲もブックメーカーで多くのユーザーに賭けられるようになりました。
また、インターネットで情報を集めやすくなったことも影響しているでしょう。
日本のファンとしては、多くの海外ファンからブックメーカーを通じて大相撲を知ってもらえることは喜ばしいことです。

競技名は「SUMO」、力士名は英語表記であることなど、国際的なブックメーカーらしくていいのではないでしょうか。
大相撲のブックメーカーは、日本向けではなく、あくまでも海外向けであるため英語で表示されているのです。英語で表示されていることはネガティブなことではなく、むしろポジティブだと考えた方がいいでしょう。
理由は、海外のファンに向けているからです。それだけ、海外でブックメーカーが大相撲を認知させようとしているということです。また、外国人のファンがいて、ブ勝敗予想をしたいということです。

まだまだ大相撲のオッズは少ないですが、今後は増えていくことが予想されます。
もちろん外国人でなく、日本人でもブックメーカーは利用できます。

力士